Special
Act Against AIDS 2017「アニソン AAA Vol.6」 in Zepp Tokyo

Act Against AIDS 2017「アニソン AAA Vol.6〜JAM Projectとゆかいな仲間たち〜」in Zepp Tokyo開催決定!

 アニメ・ゲーム音楽に携わる有志は、1993年より日本のエイズの危機を防ぐためアーティスト、音楽業界、エンタテインメント業界が一体となっておこなっているエイズ啓発活動AAA (Act Against AIDS) に賛同し、Act Against AIDS 2017「アニソン AAA Vol.6〜JAM Projectとゆかいな仲間たち〜」in Zepp Tokyoの開催が決定しました。

 アニソン界を代表し、JAM Projectを筆頭に様々なアーティストが行うアニソンライブを通して、多くのアニソンファンの皆様にエイズ啓発メッセージを伝える事が出来ればと思っています。

 今回のアニソンAAAは、昨年同様「影山ヒロノブ・遠藤正明・きただにひろしのゆかいな仲間たち」という例年夏に開催していた「すべての出演者がコスプレをして演奏・歌唱する」という趣向を凝らした内容で、今年は「JAM Projectとゆかいな仲間たち」と題して開催いたします。各アーティストの思い思いのコスプレを楽しみながら、この場でしか味わえないアニソンを是非ご堪能ください!

AAAオフィシャルサイト http://www.actagainstaids.com

実施概要

【公演タイトル】Act Against AIDS 2017「アニソン AAA Vol.6〜JAM Projectとゆかいな仲間たち〜」in Zepp Tokyo
【出演者】JAM Project、岩田光央、茅原実里、鈴木このみ、O.N.D(OTAKU NOT DEAD)…and more!!
【公演年月日】2017年12月1日(金)
【開場】17:30
【開演】18:30
【会場】東京・Zepp Tokyo
【券種】全席指定¥5,400(税込)
※3歳以上有料
※ドリンク代別途500円必要
※出演者は予告なく変更になる場合がございます。
※出演者変更に伴う払い戻しはできません。
※車椅子エリアは会場の都合により、見えづらい場合がございます。予めご了承の上、チケットをお買い求めください。

【オフィシャルHP】http://www.lantis.jp/special/aaa/
【主催】(株)キョードー横浜
【企画制作】(株)ランティス/(株)グランドスラム / (株)ハイウェイスター
【協力】AAA運営事務局
【お問い合せ先】キョードー横浜
[電話]045-671-9911
[受付時間]日・祭日を除く10:00~18:00
[URL]http://www.kyodoyokohama.com/

■オフィシャルHP2次先行
【受付期間】9/8(金)12:00〜9/24(月)23:59
【専用URL】http://eplus.jp/aaa6-hp/


■アニソンAAAオフィシャルTwitter開設
【アカウント】@AnisongAAA
【ハッシュタグ】#アニソンAAA

Act Against AIDS 2017「アニソンAAA Vol.6」in Zepp Tokyoとは

このコンサートの目的は、一人でも多くの人たち、特に次の世代の若者が、
真正面からエイズの知識を持つきっかけとなることです。

近い将来、じわじわと増え続けさらに深刻になるエイズに直面する若い世代の人々は、
この日本という国の「大切な財産」であり、「宝物」であるはずです。

その宝物のために、私たちミュージシャン、エンタテインメント業界は何ができるのか?
音楽を通して彼らにメッセージを送ることはできるのか?

直接的にはできないかもしれないが、何か方法はあるはず。

私たちにしかできない音楽を表現することにより、「大切な財産」であり、「宝物」であるものを
大事にしていきたい。
そのための、より良い環境を作らなければならない。
それがこのコンサートを通じて世間に伝わっていくことを願っています。

私たちは、もっと知ることで、エイズと戦います。
私たちは、もっと知ってもらうことで、エイズを防ぎます。
私たちは、もっと知り合うことで、エイズとつきあいます。

2017年12月1日
この日、私たちは音楽で行動します。

「アニソンAAA」プロジェクト一同
AAA運営事務局

参加アーティスト

  • JAM Project
    JAM Project
  • 岩田光央
    岩田光央
  • 茅原実里
    茅原実里

  • 鈴木このみ
    鈴木このみ

  • O.N.D(OTAKU NOT DEAD)
    O.N.D
    (OTAKU NOT DEAD)



「アニソンAAA Vol.6」コンサート収益金の活用方法について

私たちはこのコンサートの企画にあたり、AAA運営事務局とともに国内エイズの状況と啓発活動の状況、現状の問題点を話し合ってきました。

残念ながら、日本のエイズの状況は悪化傾向が続いています。毎日新たに4人の新規HIV感染者が増加しているだけでなく、その中で特に「自分はまさか関係ないと思っていて、エイズを発症して初めてHIV感染に気づいた」例が毎年増加傾向にあります。感染原因の90%以上はセックスであり、誰にとっても身近であるにもかかわらず「自分には関係ない」というひとごと意識が蔓延しているため、正しい知識を持っていなかったり、検査に行く人が減少傾向にあったりします。このため小学生以上からすでにエイズに関する正しい知識を啓発していくことが非常に大切です。

ところが、エイズに対する社会の関心の低下はメディアでの露出低下やHIV検査件数の低下にも表れ、この10年間での国のエイズ対策予算の大幅な削減(10年で60%以上減)の影響もあり、全国の学校や保健所等現場でのエイズ予防啓発活動に必要なツールすら製作できないというのが現状です。
AAA運動では1993年の活動開始以来、AAAコンサートの開催以外に毎年オリジナルのエイズ啓発ポスター、パンフレットを製作し、全国の小・中・高校・大学・専門学校・保健所等へ配布し、現場の学生さん、職員のみなさんと連携して「現場でのエイズ啓発活動」をサポートしてきました。
この「デジタル」な時代に、この「アナログ」なポスターやパンフレットの申込みは逆に年々増加しており、AAA運動継続においてこういったツールの製作・発送に必要な財源が大幅に不足してきています。

そこで、私たち「アニソンAAA」プロジェクトでは、国内の若い世代へメッセージを届けるという趣旨を具体的な行動として起こすため、このコンサートによる収益金を活用し、

「新たにエイズ啓発ポスターを作り、必要としている全国の小・中・高校・大学・専門学校・保健所等へ届け現場の啓発活動をサポートする」

という役割を果たしていきたく考えております。

どうか参加アーティスト、集まってくれるファンのみなさまとともに、一緒にこの目標を実現できますよう、ご協力いただけましたら幸いです。


©Lantis, All Rights Reserved.